Csatmateを1.15fにup しました(2017/10/15)


AJAPA5を1.14Cにup しました(2017/03/21)




サテライト通信用のアプリケーションです。(クリックでイメージ画を表示します)

CSATmateのWaterFall機能です(クリックでイメージ画を表示します)

SET名 容量 UPDATE Remarks
CSATmate/1.15f
約 162KB 2017/10/15 これはJR1HUO 相田OMの「CALSAT32」、「CALSAT99」 あるいは JH3RKB 河村OMの「KSAT」を親としてリグコントロールを行うものです。但し、親がサポートする衛星の全てをサポートするものではありません。
                         TKS JR1HUO & JH3RKB


VBのランタイムライブラリを含んでおりません。
ランタイムが不足して起動できない場合は窓の杜などでD/Lして下さい。
例 http://www.forest.impress.co.jp/library/software/xtrmruntime/ から
   XTRM RuntimeをD/Lしてインストール

Ver 1.15f 2017/10/15
 ・Ver1.15eと同日で恐縮です、CALSAT32の新版(1.5.4)が出ていました。
   で、大勢に影響はありませんが追従版としてup致しました。sri。

Ver 1.15e 2017/10/15
 ・IC-910でもTone周波数を書き込むコマンドが有った(手持ちのマニュアルには記載
   ないがIC-911と同じコマンドが通った)ので追加しました。(その他細かい部分の
手直し)

ご注意:Ver1.15からUPデートされる場合は同梱のSATdata.txt は上書きしないで下さい、貴局が作ったものが上書きされてしまいますので。
CSMwf/1.00 約 505KB 2006/10/15 CSATmateでWaterFall機能を使う場合に必要となります。
RIG-PC間にオーディオケーブルが必要です。
この機能はMMARIのコントロールを使用させて頂いております。
CSATmateにとって必須ではありません。                   TKS JE3HHT
CSMwf/1.00eVerUP版 約18KB 2008/10/10 上記のバージョンアップ、解凍後上書きしてください。
EmgLog/1.00 約16KB 2006/09/17 CSATmateで簡易LOG機能を使う場合に必要となります。衛星のQSOは結構忙しく、とりあえずメモ的にLOGデータを作って、衛星が去った後にHamlog等へ転送するために作りました。CSATmateにとって必須ではありません。








JCVは 7M1FCC田中OMが公開されている国内専用のWeb版クラスタ J−クラスタ 専用のプラウザです

SET名 容量 UPDATE Remarks
JCV/1.05C(FullSet)
約 2.3MB 2011/01/01 J-クラスタ専用のWebプラウザです。
クラスタ情報をHAMLOGとの間でやり取りが可能です
VBDLLを含んでおります。
再インストールされる場合は一旦旧版を「アプリケーションの削除」して下さい。
JCV/1.05C(DLL無し) 約 376KB 2011/01/01 上のFullsetからVBのDLL群を除いたものです、自己解凍型です、を実行するとセットアップが始まります。
再インストールされる場合は一旦旧版を「アプリケーションの削除」して下さい。
JCV/1.05D VerUP版
約 112KB 2012/09/09 旧版からのバージョンアップ分です、旧版に対して上書きして下さい。

道の駅データの書式変更に対応致しました。「設定」→「道の駅データの場所指定」から道の駅.mcsv を指定して下さい。(湯けむり他は未対応です)。







HALPSK31(以下の様な苦しいこじつけネーミングになっています)
PSK31
software with Hamlog-Accessible Logging function (フリーウェア)
(動作確認O/S = Win98 , 98SE , ME , 2000 , xp )

AE4JY局のPSKCore.DLLを使用したHAMLOGにアクセス可能なPSK31用のアプリケーションです。
FBなDLLを公開戴いたHAMLOGのJG1MOU浜田OMと AE4JY Moe Wheatley そしてMMTTYという素晴らしいエンジンをフリー公開して戴いているJE3HHT森OM に深く感謝致します。
SET名 容量 UPDATE Remarks
HALPSK31/4.93β(Full Set) 約4.4MB 2005/10/31
D/Lしたファイルを適当なフォルダで実行して下さい(自己解凍型としました)、それでンストールが始まります、
4.93β版について
HAMLOG Ver5系に対応致しました・・・と同時にMMVARIのエンジンを搭載させて戴きました(TKS JE3HHT) 本来ならVer5系としてリリースしたかったのですが、余りに残工事多くVer5手前という意味で4.9βの表記に致しましたm(__)m
PSKCoreを外しても何ら問題のないFBなMMVARIエンジンですが最短距離でMMVARIを取り込むにはドロドロ状態しかないか・・・と敢えて・・・・因って、苦しい部分が多いのですがPSK31でのMBCSを早く楽しみたくって。

申し訳有りませんが旧版は一旦「アプリケーションの削除」で消して下さい(その方が良いはず)
また下欄のHELPファイルもD/L下さい。
申し訳ありませんが新モードについてのhelp作成まで首が回っておりませんが、「触れば判る!???」でお願い致します。
このバージョンはHAMLOG Ver5.03以前には対応しておりません。
HALPSK31/4.93β(VB DLL無) 約2.0MB 2005/10/31
Ver4.93β
VBのDLL同梱を省略したSETです。別途VBのDLLが必要となります。
D/Lしたファイルを適当なフォルダで実行して下さい(自己解凍型としました)、それでンストールが始まります。
申し訳有りませんが旧版は一旦「アプリケーションの削除」で消して下さい(その方が良いはず)

このバージョンはHAMLOG Ver5.03以前には対応しておりません。
HALPSK31/4.93β(VerUP用)
旧版からの上書き用です。
約480KB 2005/10/31 Ver4.93β
Ver4.90β〜4.92βからのVerUP用です。解凍後上書き下さい。
サウンドクロック修正機能を追加しました(PSKCore & MMVARIモードで可能)これはMMVARIエンジンを使っています TKS JE3HHT
その他細部修正あり・・・
HALPSK31/NEW HelpFile/1.11 約1.2MB 2002/12/23 HELPファイルのみ、HALPSK31と同じフォルダに解凍して下さい。






DGP2HLは当初PSK31用のDigipanというソフトのログデータをHAMLOG用のデータに変換する目的で生まれました。
その後 ,ADIFデータからの変換などを追加してきました。

SET名 容量 UPDATE Remarks
DGP2HL5/1.05B 約 410KB 2010/12/11 1.05B
HAMLOG Ver5.03に対応したものです。
自己解凍型のセットアップ付きファイルセットです。
VBのDLLは含みませんので必要に応じて別途SETUP下さい。

汎用化にあたってはDXCCcode<>HAMLOG QTHcodeの対応データをJH7PKU TAD OMから提供戴きました。TKS JH7PKU
ご注意:
 DigipanのLOGデータは秒単位まで持っておりますがHAMLOGでは分単位までです、Digipanのデータを読み込みHAMLOG形式に変換する際に秒データは消えます。HALPSK31からADIF出力したもののは当然秒データがありません。
つまりこれをDigipanで再度読み込む場合は同じQSOデータでも殆どの確率で別物として判断され二重登録される事になります。(Digipanのデータが偶々00秒ならOKですHi)
元データは別の場所へ保存して、LOGデータゼロ状態からimportして下さい。
DGP2HL5/1.05B(VerUP用) 約160KB 2010/12/11 旧版からの更新用です。解凍後上書きして下さい。

1.05B
Turbo HAMLOG(Ver5.xx系)のデータをADIF出力する際にモード"RTY","TTY"を"RTTY"に、"STV","SST"を"SSTV"に、"PH"を"SSB"に変換する様にしました。 Tnx JH2IEE
エンティティ追加によりTurbo HAMLOG上のDXコード 851 〜 857 に対するADIF用コードを追加しました(同梱DLLの改修です)




HWCVはHamWebClusterViewerの略です。
(動作確認O/S = Win98 , 98SE , ME , 2000 , xp , 7, 10 )
インターネット上のクラスタ情報を専用的に表示するアプリケーションです。複数のサイトを同時にモニター可能。
またクラスタ情報をHAMLOGへ、あるいは愚作AJAPA5へ渡す事が出来ます。

SET名 容量 UPDATE Remarks
HWCV/1.40C(FullSet) 約 2.4MB 2011/01/01 Webクラスタ専用?のWebプラウザ(HWCV)です。
情報はHAMLOGとの連携が可能です(万全ではありませんが)
VBDLLを含んでおります。自己解凍型です。
再インストールされる場合は一旦旧版を「アプリケーションの削除」して下さい。
HWCV/1.40C(DLL無し) 約 444KB 2011/01/01 上のFullSetからVBのDLL群を除いたものです、再インストールされる場合は一旦旧版を「アプリケーションの削除」して下さい。自己解凍型です。
HWCV/1.40D VerUP版 約 191KB 2012/09/09 旧版からのバージョンアップ分です、旧版に対して上書きして下さい。

道の駅データの書式変更に対応致しました。「設定」→「道の駅データの場所指定」から道の駅.mcsv を指定して下さい。(湯けむり他は未対応です)。
HWCVmail 1.03 約135KB 2015/11/24 JCV/HWCVに対応するメール転送ツールです。JCV或いはHWCVと同じフォルダに置いて下さい。
D/L戴くファイルは自己解凍型です。




JAPAはAJA Perfect Assist のインチキ略語です。
(動作確認O/S = Win98 , 98SE , ME , 2000 , xp , 7 ,10)
AJA管理を目的としたアプリケーションです。

SET名(Ver) 容量 UPDATE Remarks
AJAPA5/1.13E(VB DLL付き) 約3.1MB 2010/10/26 Hamlog Ver5.03〜系専用 Ver1.13E
VBのDLL同梱したSETです。
これは自己解凍型(ファイル名AJAPA5_113EF.EXE)です、適当なフォルダにD/Lし AJAPA5_113EF.EXEを実行(ダブルクリック)するとインストールが始まります。
HAMLOGは必ずVer5.03〜としてください。
再インストールされる場合は、既にインストールされたAJAPA5を一旦「アンインストール」して下さい。
AJAPA5/1.13E(VB DLL無) 約1MB 2010/10/26 Hamlog Ver5.03〜系専用 Ver1.13E
VBのDLL同梱を省略したSETです。別途VBのDLLが必要となります。
これは自己解凍型(ファイル名AJAPA5_113ES.EXE)です、適当なフォルダにD/Lし AJAPA5_113ES.EXEを実行(ダブルクリック)するとインストールが始まります。
HAMLOGは必ずVer5.03〜としてください。
再インストールされる場合は、既にインストールされたAJAPA5を一旦「アンインストール」して下さい。
AJAPA5/1.14C(Ver UP用) 約424KB 2017/03/21 Hamlog Ver5.03〜系専用 Ver1.14C
AJAPA5 Ver1.10〜113Eからのアップデート版です。適当なフォルダで解凍後現在のAJAPA5 のフォルダへ上書き下さい。

Ver1.14Cについて
 Excelを開いた時に「何らかのエラー」が発生する場合がありましたので対策を講じてみました。



管理者へのメールは JE4IVNアットマークJARL.COMへお願い致します。